腰が痛む・腰痛持ちの方へ

腰が痛む・腰痛持ちの方へ

腰が痛む・腰痛持ちの方へ

腰痛は今や日本国内で1、2位に訴えが多い症状で、男性の悩みとしては1番目、女性は肩こりに続く2番目です。そして、その数は今も増加しています。 これだけ多くの方が訴える腰痛ですが、実は”非特異的腰痛”という原因が解明されておらず、9割近くもの方が悩んでいる症状なんです。 ”非特異的腰痛”というのはエックス線やMRIなどの検査をしてもどこが原因なのか特定が難しいもので、あまり重い症状としても現れることがありません。 そのため、気づかない症状の積み重ねでその先ずっと痛みを引きずってしまう人もいます。 日々できることから意識して改善し、痛みを少しでも抑えてあげることが大切です。

こんなお悩みありませんか?

  • 朝起き上がる時に腰が痛む
  • 座っていて立ち上がる際に腰が痛む
  • お尻から足にかけてシビレがある
  • 長く立っているとすぐに腰掛けたくなる
  • 休憩するとまた歩ける
  • 何年も症状が続いて良くならない

代表的な症例

代表的な症例

  • ぎっくり腰
    全身疲労が蓄積した人に起こりやすく、突然起こる症状です。
  • すべり症
    40~50代の方に多く、脊椎がずれることで強い痛みが伴います。
  • 脊椎(せきつい)分離症
    小学生~中学生に多く、痛みは感じないことがあります。
  • 椎間板ヘルニア
    代表的な症状としては足の後ろ側の痛みやしびれなどがあります。
  • 脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
    腰に長年痛みが蓄積され負担がかかった結果、脊柱管が変形し、神経を圧迫することで負担がかかることで起こる症状です。この症状には痛む→治まる→痛むという繰り返しが起こる特徴があります。
  • 腰痛症
    痛みはあってもエックス線やMRIなどの検査をしても特に異常が見当たらないものを総称したものです。痛みの原因は主に腰の筋肉が疲労していることが原因と考えています。

改善するためには

改善の方法はもちろん日々の生活の中でも行うことは可能です。 生活の中で一番意識して行えることというのは、やはり姿勢の改善です。 座っている時、「あ、今姿勢悪かったな」と思ったことが皆様一度はあるかと思います。 長時間立ちっぱなしや座りっぱなしということは仕事をする上で避けられない方も多いと思いますが、少しでもピンとした姿勢を意識することが大切です。 立っている時は前のめりにならず頭を上から引っ張られているように、座っている時は椅子に深く腰掛け、お尻と背中が90度になるように意識するだけでも改善できます。 また、炎症が起こり収まってきたら、痛みのある箇所を温めてあげましょう。 温めることで血行が良くなり、回復を促進してあげることができます。

当院の施術の特徴

  • 独自の『L式特別整体』
    当院の治療の特徴は『L式特別整体(筋膜リリース、バランス調整、骨盤背骨調整)』をメインで行っております。治療機を使用することもありますが、治療機に頼らない手技と鍼・灸で皆さまの症状を改善いたします。経験と知識に裏打ちされた技術をぜひご体感ください。